派遣を面接してはいけない

ビル

派遣従業員を受け入れる側の企業が、採用の可否を問うために面接を行うということは、法律によって禁止されています。
法律には、労働者を特定することを目的とする行為について禁止するといった項目が設けられています。
面接によって採用の有無を決めるということはこの行為にあたるため、違法となります。
ただし面接といっても、就業前に顔合わせをすることを目的とした面接は行うことができます。
しかし、たとえ面接で気に入らない部分があったとしても、受け入れを拒否するということはできません。
このため、受け入れ側の企業は従業員の派遣を行う会社について信用し、見極めるということが必要となります。
ただし労働者の側は、顔合わせ面接後に就労をキャンセルすることができます。


Menu

最新情報